Tripod Baby come again

tukumo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 27日

20万HITおめでとうございます。

あんず鯖にキャラ作成しました!!
よく勝手にHPをみさせてもらってますw
とくにブログが素敵で何度も読み直したりしています。
まぁ今回の話題は関係ないんですけど。

突然ですが僕の夢は作家になることです。
作家、、、、、と聞いて今の世の中では賢いなぁーおりこーちゃんというのが世論のようです。
しかし、僕のなりたい作家というのはそんな立派なものではありません。
むしろ人間として何かがかけている人がなるものだと思っています。
でも、世の中の見方が作家はおりこうちゃんと見ているのは僕にとってはとてもプラスです。
でも、その分ライバルは多くなるでしょう。
だけど僕はあきらめません。
いや、あきらめないのではなく、あきらめられないのでしょう。
僕には人生のビジョンというのがあります。
今は僕は中学生をやっています。
今、中3ですが私立なので受験はありません。
行っている学校は男子校です。
この環境にケチをつける気はありません。
むしろ気に入っています。
僕はもともと天邪鬼です。
すべての人が認める物はなんとなく認めたくないのです。
むしろ、ごく一部の人にとって熱狂的に気に入られているものの方が好きです。
それと同じように特別なものの方が好き。
自分が特別であるとより自分が好きになれます。
僕の行っている男子校はすごく綺麗です。
校舎が新しく清潔です。
話がそれましたね、
閑話休題
それで中学生をやっているわけですが、
そのまま今行っている学校には高校もあり、
同じ学校に行くでしょう。
そして大学には文学部に行きたいです。
親が金がないというので国立に行くつもりです。
僕は神戸に住んでいるのですが、
一人ぐらししたいので他の県に行こうと思っています。
岡山とか大阪とか広島とか行ってみたいです。
でも、これはどこでもいいのです。
そうして大学を卒業or中退します。
僕は中退してもいいと思っています。
早稲田の文学部なんてみんな中退してますからね。
そして、コピーの仕事などがしたいです。
営業とか普通の会社に入る気はありません。
それならバイトをしてでも作品を書くでしょう。
そうして書いた作品を賞に応募します。
いつかそれが入選することを夢見て、、、、、、

こんな感じです。これは僕の哲学です。


さて、
僕はhttp://www.geocities.jp/maplekannu/top.html
↑のmaple関羽さんのブログを見てよくしていることがあります。
運動ですw
今さっきも一人で山に登ってきて走り回ってきました。
だけど10分やそこらで軽い喘息発生、、、、orz
僕は躁鬱病(自分で思い込んでる。医者には行っていない。)なので、
たまに
体動かしてーーーーーーーー!!!!!!!!
と思うことがたまにあります。
でも
あああああああああああ、眠ろう、、、
というときもあります。
それで体動かしてーーーーーーーー!!!!!!
という状態に朝になったことがあります。
そのときはもう自分でも押さえつけられないぐらい興奮して、
「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、走って学校いくぜぇぇええええ!!」
ちなみに僕の家から学校まではバス電車で30分走っていって一時間ちょいぐらいです。
ですが、一時間ちょいでいけると判明したのは走っていった後でして、、
学校には8時半までに着けばいいのですが朝の6時ちょいぐらいに家から暴走して走って行ってしまいました。
しかも途中で「間に合わなかったらどうしようアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ 」と思い、
バスに乗って二つのバス停を飛ばしていきましたw
これのせいでさらに時間があまり学校周辺に着いたのはなんと7時www
学校の門が開くのは8時からなので最低でも一時間は暇になりました。
はっきり行ってそのときの僕はどうしようもないぐらいアホでした。
時間もちゃんとわからないのに飛び出すだけ飛び出すとはw
だから暇で暇でしょうがなかったので町を探検することにしました。

実は前から僕の学校の周辺に謎の施設があったのです。
その施設の構造はなんと巨大な塔(パッとみると煙突みたい??)があるのです。
そしてその塔はありえないぐらいでかいのですw
軽い山に匹敵するぐらい。
そして人から隠れながら(なんか人に合うのがきまずかったから)塔に到着。
周りには謎のバリケードが施されており看板などの表示もない。
怪しいあやしいぁゃιぃ
そして見る位置をいろいろと変えてみてみるとなんと門を発見!!
その門をよーくみると
「中央換気塔」
Σ(´д`ノ)ノ
Σ(´д`ノ)ノ
Σ(´д`ノ)ノ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
?????????????????
???????????
も、、
もしや、、、、



「地下に町があるのか!!!!!!!」



お後が宜しい様で。
[PR]

by tukumo20 | 2005-10-27 23:17 | 私事
2005年 10月 10日

死んでないし

しばらくサボってた後の更新ってすごく贅沢。

ころごろは映画をビデオ合衆国で借りてよく見てます。
まとめて書いてみると。

「花とアリス」

「69」

「blue」

「誰も知らない」

「チェゲバラ・カストロ」

こんだけ。
細かく説明すると、

○「花とアリス」はラストが良かったけど、なんか内容自体が俺には理解っていうか共感っていう のか、そういうのができなくてちょっと残念だった。落語っていうのを取り入れたのはgood

○「69」これは難しい感じ。原作の小説の方をチラッと見たけど小説の方とはギャップが大きかった。クドカンの作品だけあってスピード感が速い。

○「blue」これはすごいw。水10の小西真奈美が出てくるんだけど、設定がすごくおもしろかった。全編にわたり邦画チックがあふれており、せっかちな人にはお勧めできない。それと女の子同士が相手の名前を苗字で呼び合うのはちょっと違和感があった。

○「誰も知らない」5つの中で一番面白かった。いろいろ書きたいけど、元の事件とわざと変えているところがすごいと思った。現実の事件でのイメージは怖い子(不良を家の中にいれて不良の一人が妹を殺してしまう)なのに対して、透明感が強い。キャラが弱いのだ。でもそれでも違和感がないのは彼の境遇にあるのだろう。

○「チェゲバラ・カストロ」こっちのはなしは「誰も知らない」とは違い、現実をそのままにしている。それのおかげでカストロのラストは・・・だ。こういう映画を見るとグループの中にカリスマが一人はほしくなります。ゲバラ好きだなぁ。

今回はこんなところ。英検の勉強しなくちゃ。
[PR]

by tukumo20 | 2005-10-10 12:25 | 私事